×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

グラン・ミラオス

画像がありませんのニャ

古龍種
不明

MH3tri-Gのラスボスで、
第三世代において一旦リストラとなった“ミラボレアス骨格”をもつ古龍。
ただし、その大きさはミラボレアスとは比較にならないほど巨大。

火山弾を落としてくる攻撃方法がミラボレアス亜種(バルカン)に似ていますが、
何処からともなく火球を召喚するバルカンに対し、
グラン・ミラオスの場合は翼の先などの“噴火口”から火山弾を放出する点で異なります。

彼の素材で作った武器の名称が、色々おかしいことで有名。

公式設定に基づく生態解説

古の時代にタンジアの港の周辺地域を襲っていた災厄。
その名残か、港周辺の海は“厄海”と呼ばれています。
港にある灯台は二度と悲劇が起こらないようにと、人々の祈りを込めて作られたもののようです。

厄海は普段は穏やかで、質の良い漁場なのですが、
近年になって調査船が行方不明になる事件が頻発。
調査の結果グラン・ミラオスが復活していることが明らかになりました。